読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The おがわ りきや

さいきん、こんなことあったよ〜♪

【4Kビデオカメラ】SONY FDR-AX1 高画質撮影ハンディカム紹介!

 

 

 今から4年後の2020年に、東京でオリンピックが開催されます。

1964年から56年を経て、日本での夏季オリンピックは2度目!

そんな2020年の東京オリンピックには、テレビ中継が今よりきっと美しくなるはず。

4Kテレビが発売され、カメラも4K撮影が可能な物が発売されるようになりましたね。

 

 しかし、オリンピックのようなスポーツには60p撮影が必要になる!

現在、各社から発売されている10万円くらいまでの4Kカメラは30p以下。

簡潔に言うと、30pは1秒間に30枚、60pは1秒間に60枚の写真を連続撮影・再生する。 

f:id:favejam:20160228101050j:plain

 撮影:おがわ りきや

 今回は、被写体が激しく動くスポーツなどの撮影に最適なカメラを紹介します。

2013年11月発売!

4K高画質撮影ができるソニーのビデオカメラ!

「FDR-AX1」

 

商品ページ『SONY ビデオカメラ Handycam FDR-AX1 デジタル4K

 

 付属品は写真の通り。

カメラ本体、バッテリーチャージャー、バッテリー、アイカップ、ACアダプタ、USBケーブル、A/Vケーブル、電源ケーブル(2個)、HDMIケーブル、CD-ROM、説明書。

f:id:favejam:20160228101112j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 さて「4K」は、どれくらいきれいなのでしょうか?

4Kの画素数は、横3840×縦2160

フルハイビジョンが、横1920×縦1080

4Kはフルハイビジョンの4倍の画素数

つまり4倍美しいということになる!

f:id:favejam:20160228101138j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 現在は、動画撮影が一般的なものになっているが、今から10年前のデジタルビデオ撮影した映像は荒すぎて見ずらい。

そして、これからは4Kテレビにつづいて、次々に周辺機器が4K対応になる。

撮影したビデオを繊細な映像美で残すことができるのだから、将来見返した時に見ずらさからのストレスを避けて、高画質な映像を楽しむことができる。

 

 

 あなたの大切な思い出を、次世代4K高画質カメラ「SONY FDR-AX1」で残しませんか?

 

 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連動画

 

記事一覧