読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The おがわ りきや

さいきん、こんなことあったよ〜♪

【はだか祭2017】裸男のまつり!愛知県稲沢市の国府宮、儺追神事!

 

 

 

 

 

 

 

前回書いた記事はいかがでしたか?
(前回の『国府宮の大鏡餅2017』はこちら

 

国府宮の祭のクライマックスとも言えるメイン行事はだか祭

平成29年(2017年)は2月9日ですが、毎年、旧暦の1月13日のようです。

はだか祭には、毎年一人だけ神男(しんおとこ)が選ばれます。

この神男に触れることで厄払いになると言われています。

 

f:id:favejam:20170210235832j:plain

  撮影:おがわ りきや

 

はだか祭の日は、国府宮神社(尾張大國霊神社)の周辺の道路は規制されます。

参道の脇道には、様々な露店が並びます。

会場では、多くの子供を見かけます。

国府宮がある稲沢市は、はだか祭の日は休校になるのです。

 

はだか祭には、木製の桶を持っている人たちがいて、神男や裸男に水をかけます。

なぜ水をかけるのか?

男たちが一斉に神男に群がるため、その時の摩擦を和らげるためです。

揉み合っている男たちからは、湯気が上がります。

 

f:id:favejam:20170211001131j:plain

 撮影:おがわ りきや 

 

実際にはだか祭の会場に行くと、裸男の人数に圧倒されます。

裸男たち寒そうなので同情もしますが、独特の雰囲気があります。

毎年、はだか祭でビデオ撮影をしてきます。

もちろん今回も撮影をしましたが、とても良い映像を撮ることができました。

ぜひ動画をご覧ください。

 


 

今年は、境内に特別席が設けられていました。

そのため、去年より境内が混雑していたように感じました。

近くのコンビニの店内では、裸男だらけという異様な光景も見かけましたよ。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連動画


 

 ▲平成27年(2015年)

 

記事一覧