The おがわ りきや

さいきん、こんなことあったよ〜♪

【不法侵入】窃盗目当ての泥棒?勝手に家に入った怪しい男との遭遇!

 

 

男は、金づちを頭の上に振りかざしていた!

 

悲劇が起きたのは、2017年1月12日午前11時頃。

家の中で出くわした見知らぬ男は、家から出て行こうとするので、制止しようとした。

すると、男はカナヅチを所持し、家にあった置き時計で殴られた。

大怪我はしていないが、時計で殴られ、鼻からの出血と打撲を負った。

f:id:favejam:20170203195613j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 

ここからは、その詳細です。

その日、家族は外出をしていて、自宅で留守番をしていた。

家の中は、いつもと変わらぬ静けさだった。

 

玄関の東側には台所、西には居間がある。

台所にいた時、居間と玄関の扉が敷居と擦れる音がした。

家族の誰かが帰ってきているのかと不思議に思い、玄関に見に行ってみると・・・。

自宅の玄関で、見知らぬ人と鉢合わせた。

50~60歳くらい、身長は約170cmくらい。

 

その男は、近所の人でもないし業者さんでもない。

足元は、靴の上に靴カバーをして、家に上がっていた。

 

男は突然声をかけてきた。

 犯人:「この辺りに大西さんという人はいませんか?」

 自分:「知りません」

 

すると、犯人はうなずいて、玄関から出て行こうとしていたので、慌てて止めた。

 自分:「あなた、今どこから来ましたか?」

 犯人:「玄関から入ってきた。」

 

おかしい!

居間と玄関の扉は人が通る時以外は、常時締め切っている。

空いた扉を示しながら、犯人に言った。

 自分:「ここの扉は、常に閉まっているんです。なぜ空いているんですか?」

 犯人:「そんなこと知らない。」

 

あまりにも、不自然な回答で納得がいかない。

出遭ってしまった状況から、すでにこの男は住居侵入罪だと判断をした。

男は、玄関から出ようとするが、僕がしっかりと男の服を掴んでいた。

 

男は、僕の手を振りほどこうとしていた。

しかし、僕はしっかりと相手の服を掴んでいた。

 犯人:「離せ!おい、離せ!」

 

すると、男の右手がすっと上がった。

手には、ビニール袋に入った金づち!

瞬発的に相手の金づちを取り上げた。

もし、1発でも殴られていたら大きな怪我をするし、ましてや頭部などに当たったら、命の心配もある。

 

今度、男は下駄箱の上の置き時計を手に取った。

すると、すぐにこちらに目掛け全力で叩きつけてきた。

時計は割れて、ガラスの破片が床に飛び散った。

 

次に、男は消火器を取ろうとした。

しかし、触っただけで持ち上げることができなかった。

なんとか男を抑え込もうとしたが、思った以上に力があり、抑え込むことができない。

もし抑え込めても、男は狭い家の中で暴れるため、110番通報をして警察を呼ぶことができない。


仕方なく抑え込むことを諦めた。

力を緩め、僕はその男に言った。

 自分:「もう帰ってください。」

男は落とした野球帽を拾い、こう言った。

 犯人:「ハンマーも返せ!」

 自分:「危害を加えないと約束をするなら、返す!」

 

言葉だったかジェスチャーだったか覚えていないが、男は承認をした。

ビニール袋に包まれた小ぶりな金づちを返し、すぐに玄関から出て行った。

その後、警察に通報した!

 

パトカー到着後、すぐに家の前の道路は、黄色のテープが貼られ封鎖された。

駆けつけた警察官や指紋採取する人は、総勢15人ほど。

周辺近所をパトロールする警官もいたようだ。

 

警察官から、名前・生年月日・家族構成などを聞かれた。

そして犯人とのやり取りの内容を伝えた。

警察の人数が多いため、何度も同じことを聞かれた。

できれば、伝えたことは警官同士で共有してほしい。

指紋採取などの現場検証、事件の再現は3時間近く続いた。

 


現場検証が終わると、次は警察署に行き、被害届の作成。

4人掛けのテーブルとイスが置かれた小さな部屋に通された。

警察官は、書類作成のためにパソコンを机に置き、起動させるが・・・

IDとパスワードが一致しないみたいで、ログインができないとのこと。

改めて、警察は黙々とパソコンに向かってタイピングをし始めた。

時折、他の警察官が来て両手の指・手のひらなどの指紋唾液の採取をされる。

似顔絵を描く警察官もいて、様々なことを聞かれてきたが、今回の事件で一番ツッコミたくなるような質問は・・・

「男のまぶたは、一重?二重?」

 

犯人が危害を加えてこようとしている間に、そんなこと考えていられないよ!

一重か二重かなんて観察していたら、あっという間に殴られる!

 

作成している間に、警察から病院で診てもらうように言われ、近くの病院へ。

診断書をもらってきてほしいとのことだったので、診察をしてくれた医者に要望した。

しかし医者からは、思わぬ言葉が!


 ● 傷害事件は保険が適用されないため、全額負担。

 ● 診断書を書くにはCTスキャンの必要がある。

 ● 診察・CTスキャン・診断書を合わせると、2万円ほど必要。

 ● 犯人が捕まっていないから、被害者である僕が全額自腹

 

それに加えて、医者はこんなことも言い始めた。

「警察は何のために診断書が必要だって言ってるの?

『診断書をもらってきて』と彼らはいくらでも言えるけど、お金を支払うのは被害者であるあなたで、警察はお金を出してくれないよ。

診断書を作って、いったいあなたに何のメリットがあるの?」


結局CTスキャンという決断はせずに、診察というより医者とのおしゃべりで終わった。

あとから、警察官が教えてくれたことだが、今回のような場合、診察と診断書に補助金のようなお金が出るらしい。

ただし、条件は全治1ヶ月以上のケガ

補助してくれる金額はたったの三千円らしい。

 

診断書は、犯人が捕まった際に、傷害罪に対しての刑罰を決めるのに必要らしい。

つまり今回の場合は、こういうことだ。

犯人への刑罰を望むのなら、自腹2万円を支払うこと!

 

 

警察署に戻り、現場検証で採取した物や、被害届などの書類に、大量(30〜40くらい)のサイン拇印をした。

外も暗くなってきて、結局書類作成が終わり、警察署を出る時は19時過ぎ

パトカーで警察署に来ていたため、帰りは警察官が自宅までパトカーで送ってくれた。

パトカーの後部座席から窓の外をぼーっと見ながら、ふと思う。

「お腹すいた〜」

 

この日は朝8時に食パン1枚食べただけ。

「警察署でカツ丼が食べたかった〜」

 

 

 

 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

記事一覧