The おがわ りきや

さいきん、こんなことあったよ〜♪

【名古屋の寺院】タイと深い関係がある覚王山のお寺「日泰寺」(2回目)

 

 2016年10月13日、タイ王国プミポン国王が88歳の生涯を終えました。

在位70年の国王の死去に、タイ国民は大きなショックを受けました。

世界的なニュースにもなったこのタイと、関わりのあるお寺が名古屋にあります。

それは、以前にもブログで書いた、名古屋にある日泰寺(にったいじ)

  (以前に書いたブログはこちら

 

f:id:favejam:20161114112120j:plain

 写真:おがわ りきや

 地下鉄東山線覚王山」駅から日泰寺に続く道を歩きます。

きれいに舗装され、日本の風情を所々に感じるこの道。

喫茶店や、みたらし、紅茶、果物、洋菓子、雑貨などの店が点在します。

 

f:id:favejam:20161114113052j:plain

 写真:おがわ りきや

 最近、あまり見なくなった丸型ポストを発見!

 

 さて、駅から約500mほど歩くと、日泰寺の山門が見えてきます。

山門の2階部分には、「日泰友好道場」という額が掲げられています。

日泰寺という名は、昭和14年に現在のタイ王国がシャム国から改名し、それに伴い昭和17年に、このお寺も改名されました。

気づいたと思いますが、日本とタイ王国の名前を元に付けられたのです。

f:id:favejam:20161114113138j:plain

 写真:おがわ りきや

 日泰寺の境内は広大で、車だけでなく、バスも入れるほどです。

どれだけの車が止められるかは正確にはわかりませんが、100台くらいは駐車ができそうです。

  

f:id:favejam:20161114113219j:plain

 写真:おがわ りきや

 これが本堂です。

本堂の中には、明治33年タイ王国チュラロンコーン陛下より贈られた千年を経た国宝「本尊釈迦如来像」

外陣正面には、2016年10月に死去したプミポン国王より贈られた刺額があります。
その額にはタイ文字で釈迦牟尼仏と記されています。

 

f:id:favejam:20161114113249j:plain

 写真:おがわ りきや

 本堂を正面横には、チュラロンコン国王像と、タイ国皇太子殿下が植えた木がありました。

昭和29年9月27日に植えられたようです。

 

 他にも日泰寺の見所は、30mの五重塔

多くの参拝客が写真を撮っていきます。

f:id:favejam:20161114113337j:plain

 写真:おがわ りきや

 

 さて、名古屋の日泰寺はいかがだったでしょうか?

この日泰寺は、日本で唯一のいずれの宗派にも属さない寺院です。

さらに、タイ王国にも通ずる寺院なのが特徴です。

名古屋を訪れたときは、ぜひ日泰寺に寄ってみてくださいね。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

記事一覧