The おがわ りきや

さいきん、こんなことあったよ〜♪

【タガログ語】フィリピンで使いたい 10のおすすめフレーズ!

 

 

 突然ですが!

『フィリピンには、いくつの島があるでしょうか?』

 

大きな島から、小さな島まですべて含めると7107の島があるそうです。(Wikipediaより)

島の数が多ければ、自然と言語も多いはず!

 

 言語についてもWikipediaで調べてみました。

母語として使われている言語の数は172!

もちろんこの中には、スペイン語やアラビア語なども含まれています。

それにしても172はびっくりですね!?

日本は…方言を言語と数えてもフィリピンほどではないです。

f:id:favejam:20160208173505j:plain

 撮影:おがわ りきや


 では、マニラ首都圏で話されている言語といえば何語なのか?

タガログ語という言語です。

マニラがあるルソン島南部を中心に使われているようです。

今回は、フィリピンのマニラを旅行するのに、知っておきたいタガログ語を10フルーズ紹介します!

 

 

【Salamat po】(サラマッポ

 個人的に一番初めに覚えたフレーズです。

 『ありがとう』という意味です。

 「Salamat」という言葉は、マレー語やインドネシア語の「Selamat」にあたる言葉ですね。

 

【Ate】(アテ)

 観光している時に「アテ!」と呼ばれることがあります。

 この言葉は、女性に呼びかける時に使う言葉です。

 『お姉さん!』といったニュアンス。

 あなたが女性で、あなたに「アテ!」と言われたら、呼びかけられています。

 ちなみにお店の人は、女性のお客さんに「Ma'am」(マーム)と呼びかけます。

 

【Kuya】(クヤ) 

 『お兄さん』という意味。

 男性には「クヤ」と呼びかけます。

 ちなみにお店の人は、男性のお客さんに「Sir」(サー)と呼びかけます。

 

【Magandang umaga】(マガンダン ウマガ)

 「magandang」は、英語の「Good」です。

 「umaga」は、英語の「morning」、つまり朝という意味です。

 なので合わせて『おはよう』『Good morning』という意味です。

 

【Magandang hapon】(マガンダン ハーポン)

 『こんにちは』という意味です。

 「Magandang」という単語が覚えにくいですが、朝・昼・夜すべての挨拶で使う単語なので、頑張って覚えましょう。

 

【Magandang gabi】 (マガンダン ガビ)

 『こんばんは』という意味。

 夜の挨拶です。

 朝・昼・夜の3種類の挨拶を使い分けることができれば、一気に親近感を感じてもらえるはずです。

 

【Bayad po】(バヤッポ)

 フィリピンの国民の足であるジプニーで使いたい言葉。

 『お勘定をお願い』という意味です。

 お金を支払う時に使いましょう。

 

【Para po】(パーラポ)

 ジプニーやタクシーで使える言葉です。

 『止めて』とお願いする時に使います。

 降りたい場所でドライバーに「パーラポ」と伝えましょう。

 

【Kumusta ka?】(クムスタカ?)

 『元気ですか?』と問いかける時に使います。

 「おはよう」や「こんにちは」の後に、続けて使えそうですね。

 積極的に使って、現地の人と仲良くなりましょう。

 

【Mabuti】(マブーティ)

 「元気ですか?」と聞かれたら、タガログ語で返事がしたいですね。

 そんな時には『マブーティ』と言いましょう。

 『元気です』という意味。

 

 

 番外編として、覚えておきたいのはトイレ!

フィリピンでは『C.R.』と表記されます。

 

 そしてもう1つ番外編。
人を呼ぶのに使われる方法があります。

「(プ)スー!」のように、歯の隙間から息を出して呼ぶ人ことがあります。

しかし、下品だという情報があるので、注意してください。

 

 

 今日もご購読ありがとうございました。

積極的にタガログ語を使ってコミュニケーションを取りましょう!

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

記事一覧